心の健康と取り戻すために|うつ病の治療を受けよう

病院に行く前の注意点

悩む人

診察を始める前に注意点

以前うつ病は「甘え」とか「気持ちの持ちようだから医者にかかるとはけしからん」など理解されることのない病気と扱われてきました。憂鬱な気分になることは誰にでもおこります。時間がたつとその気分は消えてなくなるものです。睡眠障害など2週間以上続き、日常生活に支障をきたす専門の医療機関で診察を受けるべきです。うつ病は、脳内物質の働きが弱くなることで起こる病気なので、適切な治療を受けることで改善されます。診察を受けるのは心療内科か精神科になります。心療内科はこころの病が原因で体に症状が現れる場合に対応します。対して、精神科はこころの病気が原因だが、体に症状が現れない場合に対応します。ただ、精神科の診察を受けるのは抵抗感があります。できるなら心療内科で診察を受け、うつ病の治療を始めるのが始めやすいのではないでしょうか。最近は、精神科の呼称を使わずメンタルクリニックを名乗ることで診察に対して患者の抵抗感を下げている病院もあります。うつ病は、本人が頑張ることができなくて苦しいのです。診察を受けることや何かを決断することへのパワーが不足した状態です。家族がサポートをすることが治療への早道になります。しかし、家族は本人ができない状態について、「なぜ、できない」とか「あなたが頑張られないと病院に連れていく意義がない」など、患者に焦燥感を与える言葉を出さないようにしてください。うつ病は、人間が何か行動を起こすためのエネルギーが枯渇した状態です。本人には、行動を起こす意思はあるのですが、体が思うように動かないのです。やりたくてもできない状態を理解した上で、あたたかく寄り添ってサポートしてあげてください。治療が始まってからは、時間が許す限りは付き添ってください。医師は、本人が訴える症状の他に家族の客観的な目で本人の状態を聞くことで治療計画を立てるからです。また、診察に付き添うことでうつ病の理解を深めることもできます。うつ病になった人への接し方などわからなければ医師に尋ねることもできます。うつ病治療の主要な方法は投薬治療になります。ただ、薬を飲む本人は自己判断で服用をやめてしまうこともあります。医師の許可なく、投薬を中断することで改善した症状がリバウンドしてしまいます。家族のサポートが必要です。そのためには抗うつ剤についての正しい知識を知ることです。だからこそ、家族は診察に付き添う必要があります。

Back to Top