心の健康と取り戻すために|うつ病の治療を受けよう

内服薬や認知行動療法

カウンセリング

一時的な入院も効果的です

うつ病に罹ると脳の機能が低下するため、家事や仕事などに支障が出る可能性があります。会社員や学生の場合は、早退や無断欠勤、遅刻などが増えたり仕事のミスが増えたり、成績が下がることもあります。うつ病は通院による治療が可能になっていますが、生活に影響が出ている場合は、長期的な休養が必要です。仕事や家事から離れるために、一時的に入院による治療を受けるのも効果的です。精神神経科の病院は、落ち着いた雰囲気の病室になっており、ゆっくりと疲れた心身を休養できます。うつ病は症状が改善してくると、通院による治療が受けられます。抗うつ剤や不安や緊張を和らげる働きのある抗不安薬、不眠が見られる場合は睡眠導入剤の処方も行っています。最初は弱い薬から始めて、量も少なめから、始めることがほとんどです。一人一人の心身の状態に応じて数種類の薬を処方するので、医師や薬剤師に効能や副作用をきちんと説明してもらうことが大事です。薬の副作用が見られる場合は、医師に相談して下さい。内服薬を続けていると、うつ病の辛い症状が少しずつ改善してきますが、良くなったり悪くなったりを繰り返す病気なので、自分の判断で服用をやめたり減薬をしないことが大事です。寝つきが悪かったり、早朝に覚醒しやすかったりする人は、睡眠導入剤を服用することで、質の良い睡眠が得られるので、生活の質を向上させられます。うつ病に罹るとマイナス思考になりやすく、気分が落ち込んだり、孤独感を感じやすくなったりという傾向があります。認知行動療法は、欧米諸国では大変ポピュラーな治療法ですが、間違った考えを改善しやすくなります。日本の精神神経科の病院でも、認知行動療法を行っている所が増えているので、医師に相談してみると良いでしょう。うつ病に罹ると以前は楽しんでいた趣味が楽しめなくなったり、人と会話をするのが好きだった人が他人と交流するのを避けて部屋に閉じこもりがちになったり、活動力が低下する人もあります。配偶者などの家族に変化が見られたら、早めに精神神経科を受診させることが大事です。早期発見、治療が大変有効な病気です。

Back to Top