心の健康と取り戻すために|うつ病の治療を受けよう

心が辛くなったら病院へ

悩む人

必要な費用と病院選び

もしも、うつ病と診断されたら精神科か心療内科または、メンタルヘルスクリニックなどに通うことになります。中には自分が精神科に通うという事に抵抗感を持つ方もいるでしょうが、休養と投薬のタイミングが早ければそれだけ回復までの苦労が少なく済むので早めの受診が大切なのです。いざ病院を探し出すと、どこにすれば良いのか分からないとの迷いから、できるだけ評判の良い病院に行こうと考えてしまいがちですが、一番に優先すべき事は主治医との相性です。聞きたい事が聞けて話したい事を話せるという関係性が治療を進める上で大事になってくるので、この先生はちょっと‥と感じたら病院を変えてしまうのも良いかもしれません。一般的には1?2年くらいで安定すると言われていますが、うつ病は他の病気や怪我などと違い完治までの時間が明確でない病気ですので、やはり心配になってくるのはお金のことですよね。働きながら治療をする人もいるようですが、うつ病の原因が職場でのストレスなどであった場合は休職するか退職かの選択になってしまうでしょう。もし働けなくなってしまったら治療費はどうしたら良いのでしょうか。実はうつ病と診断されれば保険が適用されるので3割の自己負担で治療が受けられます。治療にかかる費用は通院の場合は診察代と薬代、交通費などがあげられます。また、重症でありながらも近くに生活をサポートできる身内がいない場合などは入院という選択肢を主治医が下すケースもあるようで、その費用はお住いの地域や病院によって変動があるので一概には言えませんが、目安としてはベッド代が1日2000?3000円前後と薬代や日毎の食事代、入院服代など治療期間が長期になればいくら3割とはいえ大きな負担になることは事実です。そこで重要になってくるのが自立支援医療と精神障害者保険福祉手帳という医療保険制度です。自立支援医療は申請をする事で自己負担額が1割になるので治療にかかる負担を軽くする事ができますし、精神障害者保険福祉手帳を持っていれば所得税や住民税の優遇、公共交通費の割引などを受けることができます。これらの保険制度は掛け合わせができるので主治医や家族と相談の上、申請してみるのがいいでしょう。

Back to Top