心の健康と取り戻すために|うつ病の治療を受けよう

病院を受診する際の注意点

婦人

良い担当医の見分け方

気分の落ち込みや睡眠障害といった症状はうつ病の兆候と言われていますが、気分的な問題や他の病気を疑ってしまうことでうつ病と気づけないことがよくあります。うつ病の疑いで精神科などを受診する際は、まずはこうした症状が2週間以上続いているかどうかをタイミングとして考えましょう。うつ病を発症する人には「責任感が強い」「周囲に気を遣いがち」といった性格的な特徴がよく見られます。そのような人々が自分から治療を開始することは難しい可能性があるため、周囲の人間が症状に気づき、受診を促すことがうつからの早期回復に役立ちます。精神科などの受診時には、まず担当医が患者としっかり向き合ってくれるかを必ずチェックしましょう。うつ病治療は長期化が予想されるため、不信感を感じる医師が担当では通院しづらくなり、途中で治療を辞めてしまう原因になってしまうためです。良い医者を見分けるポイントは、例えば患者の話を真摯に効いてくれること、疑問に明確に答えてくれることです。また、抗うつ剤の効果と副作用についてもしっかりと説明をしてくれるかどうかもチェックすべきです。患者が自分で判断できるか不安な時は、家族など他の誰かが付きそうと良いでしょう。客観的に判断する上でも、第三者の目線は重要です。うつ病が悪化するほど思考力・判断力にも影響が出てくるため、発症初期での受診をおすすめします。そして、受診時に医師が信頼できないと感じたら、迷わず別の病院を検討することもうつ病治療にとっては重要です。次に、受診時は医師に対して患者が自分の状態を正確に伝える必要があります。どうしても他人と話すことができない状態やうまく伝えられるかわからない場合には、筆談を申し入れることや、あらかじめ症状をまとめたメモを持参しましょう。または付き添いの人間が代わりに話すことも有効です。しかし、うつ病の本当の辛さは患者本人にしか分かりません。やはり悪化して他人との会話が難しくなる前に受診しておいた方が、より効果的な治療ができるとともに、完治できる可能性も上がるはずです。

Back to Top