心の健康と取り戻すために|うつ病の治療を受けよう

人によって違う

聴診器

ひどくなってから分かる

うつ病の治療は他の病気と同じように、早期発見による早期治療がお勧めです。症状がひどくならないうちに治療を始めた方が、当然、早く治るからです。それに、治療も楽に済みます。そのためにも、まずは初期症状について把握しておくことが大切です。うつ病というと、多くの人はネガティブな考え方になると言われています。しかし、最近は躁鬱病のように、躁状態が続く人も少なくありません。一概に気分の落ち込みだけが初期症状とは言えないため、早期発見も難しくなっています。場合によっては、症状がひどくなってからようやくうつ病だと判明することもあるので、とても大変です。早急に治療を開始するためにも、うつ病の様々な初期症状について調べてみましょう。もちろん、人によっても症状は異なります。気分の落ち込みはほとんどなく、普通に他人とも会話ができる人も居ます。その代わり、食欲がなくなり、体重が減ってしまうという人も居ます。この場合には心よりも体に支障が現れやすいため、別の病気だと勘違いされることも少なくありません。そこで、内科を受診するなど、精神科や心療内科への受診が遅れてしまうこともあります。当然、別の科を受診してしまうと、それだけ病気の判明も遠回りとなってしまい、治療の開始も遅くなってしまうので気をつけましょう。全体的に起こりやすい初期症状としては、気分の落ち込みをはじめ、食欲不振や不眠症、体のダルさなどが挙げられます。これらの症状は更年期障害や自律神経失調症でも起こり得るため、判別が難しいかもしれません。しかし、何らかの症状が出ているのなら、早急に病院を訪れてみましょう。どの科を受診すべきか分からなければ、とりあえず、総合病院を受診することをお勧めします。採血を筆頭に、基本的な検査を受けられるため、いろいろな病気を判明できるかもしれません。それから、うつ病の治療は一般的に薬を使うことになっています。適切な薬を使えるようにするためにも、様々な症状を自身でも把握して説明できるようにしておきましょう。当然、症状によって処方される薬も違ってきます。

Back to Top