心の健康と取り戻すために|うつ病の治療を受けよう

病院に行く前の注意点

悩む人 うつ病は脳内の神経物質の働きが悪くなることでおこる病気です。専門の医療機関で適切な治療を受けることで改善できる病気です。そのためにも家族のサポートが必要です。診察を受けるためには家族のサポートが必要になります。

Read More

病院を受診する際の注意点

婦人

うつ病の疑いで精神科などを受診する際は、症状が2週間以上続いている時がそのタイミングです。受診時には担当医が信頼できるかをチェックし、患者は自分の症状をしっかり伝えることが大切です。そして、効果的な治療のためには発症初期に受診しましょう。

Read More

内服薬や認知行動療法

カウンセリング うつ病を発症してしまった場合、脳が正常に機能しなくなることによって生活などに支障をきたす恐れがあります。家事や仕事から、離れるために、一時的に入院をして、充分な休養を取ることも大事です。うつ病の治療は、抗不安薬や、睡眠導入剤、抗うつ剤の処方を行っています。

Read More

どの診療科目を選ぶか

看護師

まずは開業医に

悲観的な気分に囚われて眠れない日が続くことや、特にこれといった原因もないのに体調がすぐれないのであればうつ病の疑いがあります。そのような場合には早めに専門医に治療してもらう必要がありますが、実際に受診するとなるとどんな医療機関の何科へ行けばいいのか迷うこともあるかもしれません。うつ病患者が受診する科としては精神科とか心療内科が考えられますが、このうちうつ病や統合失調症等の心の病全般を取り扱っているのが精神科です。心療内科というのは、主にストレスが原因で身体に不調が現れる心身症の患者を対象としている科ですが、うつ病患者の診察も行っています。従って、自信喪失状態となるなど精神面での症状が重い時は精神科が、身体症状があってそれがストレスが原因であると疑われる場合には心療内科に行くと良いでしょう。又、医療機関によっては「精神神経科」とか「メンタルヘルス科」といった名称を用いているケースもあるようです。これらの科は診療科目の多い総合病院や大学病院へ行けば置いてありますし、治療や検査のための最新の医療機器が揃っているといったメリットがあります。一方で、これらの医療機関では予約がいれにくかったり、紹介状が必要であったり、待ち時間が長い割には診察の時間が短かったりといくつかの問題点もあるのです。それよりも完全予約制でプライバシーに配慮している開業医による診療所の方が気軽に通院でき、必要ならば総合病院や大学病院を紹介してもらえます。うつ病の治療には担当医に話を十分に聞いて貰うことが大切なので、その点においても開業医の方が時間を割きやすいでしょう。尚、患者の性格傾向が大きな原因となりやすい新型うつ病患者の場合には、薬物によりもカウンセリングによる治療の方が重要だとされています。従ってこのタイプの患者なら、カウンセリング体制が整った医療機関を受診するのが適切なのではないでしょうか。近くに適切な医療機関が見つからないようなら、各地域に置いてある保健所や精神保健センターに相談すれば、そこの職員からアドバイスが得られるはずです。

心が辛くなったら病院へ

悩む人

1人で戦うのが難しい病気、それがうつ病です。信頼できる先生を見つけて治療に専念できる環境を整える事が大切です。休職などで収入が減ってしまいお金の面が心配な場合、保険制度を使えば治療にかかる費用を1割まで抑えられるので積極的に申請しましょう。

Read More

人によって違う

聴診器

うつ病の治療は早期発見による早期治療がお勧めです。そのためにも、初期症状について把握しておきましょう。ただし、人によって症状は異なります。代表的なものだけでも把握しておくといいかもしれません。それに合わせて適切な薬を処方してもらいましょう。

Read More

Back to Top